20代後半の転職は厳しい!?20代後半の転職を成功させるコツ

本記事にはプロモーションが含まれている場合があります

目次

20代後半の転職が厳しいと言われる理由

20代前半に比べ即戦力としての経験や能力を求められる

20代前半の場合、経験や実績がなくてもポテンシャルがあり伸びしろに期待できるようであれば、内定に至ることも十分に可能です。
しかし20代後半になると、それまで培ってきたスキルや経験に期待を寄せる企業が多くなります。
即戦力として、そしてメンバーのマネジメントなどを任せたいと考える企業も少なくありません。

能力・スキルに差が出る

20代前半はまだみな横並びといった感じだったのが、20代後半になると個人の能力やスキルにだいぶ差が出てきており、管理職として重要な役職を任される人も出てきます。

周りの転職者と比較したときに、負けない強みが必要になってきます。

20代後半の転職でも諦めないで

20代後半でもポテンシャル採用してくれる会社はある

近年は労働人口減少に伴い、採用競争の激化が続く市場状況にあります。

20代前半を採用したいと考えていてもなかなか採用につながらず、採用年齢を引き上げる企業も少なくありません。
そのため、20代後半未経験であってもポテンシャルなどの定性面を評価され、採用に至るケースもあるでしょう。

20代後半であっても30代・40代と比較し、まだまだポテンシャルを評価してくれる企業が見つかります。
スキルや経験に不安を感じる20代後半の転職希望者は、ポテンシャル重視の採用に取り組む企業を探してみましょう。

20代後半で転職を成功させるコツ

強みの明確化と他者との差別化

20代後半は20代前半と違い、ポテンシャルの他、経験やスキルも重視される年代です。
転職活動に臨む際は、自身の強みを明確にし、他の応募者との差別化を図ることが重要です。

情報収集

インターネットが普及し、あらゆる情報が気軽に手に入る現代社会において、情報収集の精度が転職活動の成否を左右することもあります。
転職市場の動向に関する情報はもちろん、求人情報や業界情報を適宜把握しておくことで自身が次に起こすべき行動も明確になるでしょう。
 
膨大な情報の中から自分に必要かつ正確な情報を入手するのは非常に困難です。
転職エージェントのキャリアアドバイザーなど、転職市場に精通した人物から情報を得ることも有効な手段です。

視野を広げる

20代後半になると、これまでの経験からある程度志望業界を絞り込む人も多くなります。
またこれまで積み重ねてきた社会人経験から、報酬・待遇なども理想が型化されてくるでしょう。人によっては理想や希望に固執してしまい視野が狭くなってしまうこともあります。
 
せっかく魅力的な条件・待遇が揃っている企業があったとしても、気が付かず応募を見送ってしまうこともあります。
転職活動を始める時は、視野を広く持ち様々な業界や企業の求人情報に目を通してみましょう。

20代後半の転職におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

業界大手のリクルートが運営する『リクルートエージェント』はテレビCMでもお馴染みですよね!
転職成功実績No.1で、非公開求人数も21万件以上あるので、一般的な転職サイトでは出会えない求人に出会えるかも!?
専門コンサルタントがあなたの良さを引き出してくれ、書類や面接対応もバッチリサポート!
さらに、年収や条件、入社日程など少し言い出しにくい交渉も間に入ってもらえるので心強いです。もちろん完全無料で利用できるので早速登録して、転職の第一歩を踏み出してみましょう!

エージェントneo

『エージェントneo』は正社員での就職・転職を希望する方を手厚くサポート!
もちろん今までの経験や学問不問でフリーターからの転職はもちろん、中途やキャリアアップ転職など幅広いニーズに対応していて完全無料で利用できます。

おすすめ転職サイト

この記事は執筆された時点での情報を元に記載されております。文書・写真・イラスト・リンク等の情報については、慎重に管理しておりますが、閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。 記載内容や権利(写真・イラスト)に関するお問合せ等はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次